新宿御苑の日本絶滅危惧植物展を見ました

 今日は寒冷前線が通過するので、風が強く撮影にはあまり向きません。こんな時は新宿御苑の温室がよいかなあ、と思ってしまいます。6月9日(日)まで、新宿御苑の大温室・特別室1において環境月間特別企画「日本絶滅危惧植物展」が開かれています。初日の今日「日本絶滅危惧植物展」見に行ってきました。

 この企画そのものは思ったよりも小規模なものでしたが、オガサワラシコウランの花など、珍しいものもあって楽しめました。展示そのものは、なかなか野生状態では見ることができない日本の絶滅危惧植物の多くを見ることはでき、新宿御苑がいかに絶滅危惧植物に対して、保護業務を行っているかがよくわかります。植物写真家としては、花が咲いている植物が少ないので、ちょっと残念なところがありますが、オリヅルスミレなど初めて見る植物を見ることができました。

オガサワラコウシンラン

 

ハナシノブ
展示
今回の展示の説明
新宿御苑の温室
すばらしい温室設備です
0