パタゴニア キャプリーン ミッドウェイト クルー

最高のベースレイヤーを中間着として使用

 さて、けっこう寒くなってきましたね。家のことが大変で、おまけに仕事が山積みで、なかなか山に行けません。山に行くのも仕事ですが・・・。

 寒くなる時期は、ウエアが非常に大切です。私は冬以外が、化繊の速乾素材の服を着ています。中間着はもう15年以上パタゴニアのキャプリーンを愛用しています。何年かに一度改良されておりどんどん良くなっています。しかし年によってはサイズが合わなかったり、暖かいけど首回りがきつかったり、ダメな年もありました。

 パタゴニアはアメリカのアウトドアウエアメーカーです。真面目にアウトドアウエアを作り続けています。耐久性もあり軽量で、快適。アメリカ人向けサイズなので、手が長い、ズボンのサイズが合わないなどがマイナス面です。アジアフィットというものもありますが、なぜか私にはまったく会いません。あとは日本のアウトドアメーカーに比べると価格がちょっと高いですが、それを補って余りあるものがあるし、長く着れるのでそこはあまり気になりません。

 パタゴニアのキャプリーン ミッドウエイトは簡単に言うと厚めの下着です。しかし、私は中間着として着ています。キャプリーン ライトウェイトを一番下に着て、その上にキャプリーン ミッドウエイトを着るという形です。厳冬期には、ライトウエイトがメリノウールに代わるだけです。軽く、動きやすく、乾きやすく、いうことなしです。

 おととしから去年のキャプリーン ミッドウエイトはいいできでした。私が愛用しているのは、ミッドウエイト・クルーというもので、シンプルま丸首のモデル。ここがちょっと狭くて、脱ぎ着するときに狭いのが気になりました。その前の年も買ったのですが、アジアフィットというもので体に合わず、ほとんど着ません。

 今年のキャプリーン ミッドウエイト・クルーはそれまでのものと大きく変わりました。生地が織り方のよってダイヤモンド型の立体構造になっています。ダイヤモンド型の部分にある空気が保温性、通気性、速乾性を高めているのす。抗菌防臭加工もしてあるとのこと。いやいや、完璧な中間着です。重さはたったの176g。非常に軽いのも、重要な機能です。

  とにかく、このパタゴニア キャプリーン ミッドウエイト・クルー。おすすめです。山にもいいし、旅行にもいいです。洗濯してもあっという間に乾きます。

パタゴニア キャプリーン 
ミッドウエイト・クルー
Mサイズです。
薄手のトレーナーか
厚手の長袖Tシャツといった感じです。

パタゴニア キャプリーン
ミッドウエイト・クルーを中から覗いてみると、
ダイアモンド型のメッシュに
薄手の生地があるのが見えます。
キャプリーン ミッドウエイト・クルー
袖口のところには、
親指をひっかける輪があります。
寒い時にはここに親指を入れて、
手の甲を温めます。
0