宮古ぜんまい(ホウビカンジュ)を食べる

宮古島の山菜

 宮古島の農産物直売所に行きました。そこで見たことがないものを発見しました。「宮古ゼンマイ」と書かれています。どうやら野生のシダを摘んできた山菜のようです。けっこう人気の山菜らしく、どさっと置いていました。見ただけでシダ植物と分かります。シダ植物は、ワラビのように食べられるものがありますが、アクが強いものもあり心配でしたがとにかく買ってみました。同じようなシダ植物にオオタニワタリがありますが、これはアクがあまりなく、おいしく食べられます。

 調べてみるとホウビカンジュというシダのようでした。ツルシダ科のシダ植物で。トカラ列島以南の琉球諸島に分布します。岩や、木に着生し垂れるように生えることが多いようです。西表島でも「ビーフチビ」と呼んで食べているようです。

 「宮古ゼンマイは生でも食べれるよ~。」とドライバーのおじいは言いますが、軽くゆでてちょっとマヨネーズをかけて食べました。

 食べてみると、シャクシャクした歯触りに、ちょっとわら部のようなねっとりした口当たり。アクなど全くなく、やわらかくて食べやすくておいしいです。というよりこれほどおいしい山菜は初めてです。宮古ゼンマイ(ホウジュガンピ)は最高の山菜です。もっと勝ってくればよかったです。

宮古ゼンマイ
ホウビカンジュ
こんな状態で売られていました。
値段も安くもっと買えばよかった。
春の山菜だそうです。
宮古ゼンマイを広げてみると・・・
こんな感じです。
ゼンマイとは違いますね。
さっとゆでて、マヨネーズをかけてみました。
マヨネーズはほんのちょっとヶいいでしょう。
今度は塩ゆでにしてみよう。
0