ノリウツギ 八幡平の植物

アジサイ科 アジサイ属 ノリウツギ

 八幡平の山麓から山頂近くでは、ノリウツギが満開でした。ノリウツギはアジサイによく似た山の花です。まだこの花に出会うことができて、とてもうれしかったです。花の少ないころに山を白く彩る美しい山ですが、関東近辺の山では、とっくにノリウツギの花はすでに終わっていたので、また出会えたのがうれしかったのです。

 ノリウツギの名の由来は、木の幹の内皮を和紙作りの糊として使い、枝は中空で芯の部分は綿状の「空木」だから。

 ノリウツギは北海道、本州、四国、九州の山地に生える落葉低木です。木の高さは2~3m。花はアジサイに似て、少数の装飾花と多数の両性花を咲かせます。八幡平ではまだ装飾花が開花しただけで、両性花はまだつぼみの個体が多くありました。花が立体的なのが特徴です。

ノリウツギ
Hydrangea paniculata
ノリウツギが群生していました。
一番大きな群生地は、車を停めるスペースがなく、
見るだけでしたが、
山の斜面が白くなって見事なものでした。
まあ、このノリウツギの群落を見られただけでも
よしとしましょう。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

満開のノリウツギ
ヤマアジサイなどと違って
盛り上がるように立体的に咲きます。
両性花の上部はまだつぼみ。
ノリウツギの花は勢いを感じられます。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
21+