タンゲブ 西表島の植物

キキョウ科 ツルギキョウ属 タンゲブ

 タンゲブ変わった名前の植物です。もちろん花も変わっています。多年生の草本で、蔓状になって伸びていきます。花はやや下向きに咲くことが多く、撮影には難しい植物です。名の由来は・・・。よくわかりません。

 タンゲブを初めて見たのは奄美大島でした。その時も変わった植物だなと思いました。なんといっても複雑な形状の萼片と、めしべが変わった形をしています。

タンゲブ
(Codonopsis lancifolius
野生状態のタンゲブは
このように葉は大きく
花は小さいのです。
ジャングルの中で静かに咲いています。
このタンゲブは6列ですが、
5裂のものもあります。


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO 60mm マクロ F2.8

タンゲブの花
雌しべの6列
タンゲブは雄しべの形も変わっています。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO 60mm マクロ F2.8


16+