サラノキの森の住人

ネパールのタライ平原では「ヒョロォォォー」という鳴き声がずっとしていました。あっちこっちで鳴き声がしていました。これはインドクジャクです。インドクシャクは見ているだけで飽きないですね。長い尾羽の近くの羽根は本当に美しいですね。足は相当長いです。けっこう木に登ります。飾り羽が重いからか、足の位置が普通の鳥と違っています。

クジャク
インドクジャク

ネパールのタライ平原のサラノキの森では、たくさんの野鳥と野生動物を見ました。野鳥は特にたくさんいました。一番美しかったにはサンコウチョウの仲間の白い鳥でした。

カササギサイチョウは、くちばしの上に角状のものがある大型の鳥。イヌビワの仲間を食べることが多いようですが、見ているとサソリを食べていました。かなり大きい鳥です。アジアの熱帯域を中心に、世界的には分布が広い鳥のようですが、ガイドは珍しいと喜んでいました。

カササギサイチョウ

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II  KIPON EF-MFT AF電子マウントアダプターCanon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

0