ハリエンジュ(ニセアカシア)・多摩川の植物

多摩川をこの時期歩いていると、花が満開で、たくさんの木が咲いていると、白い霧のような気の花が咲いています。ちょっとサラノキの森に近いような雰囲気です。これはハリエンジュ(Robinia pseudoacacia)の森です。

ハリエンジュ・ニセアカシアの森

ハリエンジュはマメ科の北米原産の帰化植物です。別名ニセアカシア。多摩川の河川敷のような、植生を攪乱された、明るい荒れた場所を好みます。ハリエンジュの名前のように、若い個体は鋭い棘が生えています。

ハリエンジュの森を歩いているとよい香りがします。

花は白色で甘い香りがします。ハリエンジュの蕾を天ぷらにして食べることもできるそうです。私はまだ食べたことはありませんが。

もうそろそろ、関東地方ではハリエンジュの花は終わりかけです。多摩川でも、まだまだ花が満開の個体と、花がどんどん落ちて、花吹雪になっている個体もあります。

ハリエンジュ・ニセアカシアの花穂
ハリエンジュの花はフジの花のように垂れています

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II   OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

2 件のコメント

  • ハリエンジュの天ぷら、何度か作りました。
    甘いです。揚げた後の油に甘さが移ります。

    • たか女様
      ハリエンジュの天ぷら、何度もおつくりになったとのこと、うらやましいです。
      「揚げた後の油に甘さが移ります」という感想は、作ったことのある人にしかわからないことですね。
      家では天ぷらを作らないので、何かよい調理法を考えなければいけないですね。
      色々なことを教えていただき、ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です