ギョクシンカ 宮古島の植物

ギョクシンカ アカネ科 ギョクシンカ属

 宮古島からそろそろ帰らなければいけないといった時間に、森の中の開けた林縁にソメモノカズラの横に生えていました。もう飛行機に乗る時間が迫っていたので、あまりよく観察できキなかったので最初オキナワテイショウソウかと思いましたが、それは間違いで、ギョクシンカが正しい名前でした。

 ギョクシンカは高さ1.5~2mの常緑樹。花はします直径3~4cm、花冠は5列します。葉は長さ6~18cm、無毛で全縁。南九州~琉球諸島に分布します。花期は6~7月ですが、春にも咲くことがあるようでした。以前ギョクシンカは石垣島で咲いているのを見たことがあります。

ギョクシンカ
(Tarenna gracilipes)
玉心花
カメラ Canon EOS 6D Mark II
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM
ギョクシンカ花のアップ

カメラ Canon EOS 6D Mark II
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


0