ウワミズザクラ 多摩丘陵の植物

バラ科

 ウワミズザクラは好きな花です。花のひとつひとつはソメイヨシノのように大きいわけではありませんが、花序はソーセージのような形をしており。花が満開の時は気全体が白くなるほどです。

 名前はウワズミザクラでもウスズミザクラでもありません。ウワミズザクラです。名の由来は、その昔、亀甲占いをしたときにウワミズザクラの木材を使い、その板の上に溝を掘ったことから上溝桜となり、さらにウワミゾがウワミズになったのです。

イヌザクラによく似ている。イヌザクラには花序のある枝に葉がつかないが、ウワミズザクラは花序のある枝に葉があることで見分けられます。

ウワミズザクラ
Padus grayana)
葉はサクラっぽいですね。
春の花です。
夏に赤~黒に果実が熟します。
ウワミズザクラ
一本の木が白くなるほど
花がびっしり咲きます。
0