ジュウニヒトエ、多摩丘陵の植物

ジュウニヒトエ
Ajuga nipponensis

ジュウニヒトエ
Ajuga nipponensis

多摩丘陵では、いまたくさんの花が咲いています。ジュウニヒトエも多摩丘陵の林床に咲く植物です。花が重なって咲く様子を、昔女官が来ていた和服の十二単(ジュウニヒトエ)に見立てて名づけられました。

茎に毛が多く、草丈10~18cm。

花穂が高く上がるので、なるべく低い位置から撮影します。そうすることにより、長く直立した花穂全体にピントが合うようにするためです。長く伸びた花茎の密生した毛が見分けるポインとでもあるので、ここもはっきり撮っておきます。

ジュウニヒトエの花のアップ、このジュウニヒトエ仲間のキランソウ属は、花冠の上唇(花冠がふたつに分かれた、上の部分)が、ミワケルポイントなので、ここがわかるように撮影しました。

ジュウニヒトエ、いい花です。春にはこの花に出会いたいものです。もっと花茎がたくさん伸びる大きな個体もあります、この写真の個体は大きくも小さくもない平均サイズといったところでしょうか。

ジュウニヒトエの花のアップ

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

0