小松原湿原ボタハイ 7月3~4日募集中

夏の小松原湿原

2019年7月3(水)~7月4日(木)新潟 

小松原湿原は、交通の便が非常に悪く、なかなか訪れることはできない新潟の秘境湿原です。歩く人も少ないので、原初の湿原の雰囲気を残し、花が多いことで知られています。今回は特別にアプローチしやすいルートで歩くことを企画しました。新潟、長野県の県境にある世界有数の豪雪地秋山郷を訪れ、温泉宿に泊まるのも魅力のひとつです。

●集合:2019年7月3日 09時15分上越新幹線越後湯沢駅新幹線改札前集合  

    07時48分 東京発 JR新幹線Maxとき305号 09:08越後湯沢着

●講座代金:7,000円×2日間●講座に含まれないもの:宿泊代1泊2食付き9千円程度×1泊。交通費。食事代など。●グレード:長い林道歩き(約2時間)と少しの山歩きで小松原湿原の下部の湿原(下ノ代)へ入ります。希望者はもう少し登りますが、帰路は同じコースを戻るので、途中で待っていることもできます。岩場や急坂はありません。コースタイムよりゆっくり歩きます。●持ち物 :低山日帰り登山ができるもの。お弁当、2日目の行動食、水筒、雨具上下、観察用具、宿泊用品をお持ちください。山歩きに不要な荷物は宿や車に置き、身軽に歩きます。●宿泊:秋山郷結東温泉かたくりの宿泊。相部屋になります。予約済。宿泊費は直接宿にお支払いください。2日間の現地交通費12000円程度。

●日程:天候や花の状態によって変わる可能性があります。

1日目:朝、越後湯沢駅集合。タクシーまたは車で秋山郷へ。秋山郷最奥部の林道を散策。天気によっては温泉巡りになる可能性もあります、または小松原温泉予備日。小学校を改築した秋山郷結東温泉かたくりの宿泊。

2日目:朝出発。タクシーまたは車で、小松原湿原登山口へ。林道を2時間歩き、5分で小松原湿原下ノ代に到着です。希望者はさらに緩やかな山道を登り50分程度で中ノ代へ。往路を下ノ代経由、林道を歩き登山口へ。車、タクシーで16:00頃出発し、越後湯沢駅へ。18:30越後湯沢駅着予定。

帰りの予定。19:01 越後湯沢発、JR新幹線とき342号・東京行

残席若干あります。

ヒメシャクナゲは小松原湿原の花
小松原湿原の上部にある苗場山の湿原にて
0