ミヤマザクラ 高原の花

バラ科 サクラ属 ミヤマザクラ

 先日歩いた高原で、とてもきれいなミヤマザクラが、一本だけ咲いていました。サクラ属ですが花穂を作るタイプです。花穂を作るウワミズザクラに比べて花の直径が大きく、葉柄が有毛なのが特徴です。樹高は10mにもなりかなり大型の野生のサクラです。

 花は白色、葉が完全に展開してから咲きます。花弁にサクラ属らしい切れ込みがないのが特徴。夏になると赤い実が黒く熟します。

ミヤマザクラ
(Cerasus maximowiczii)

枝野上側の花穂が出ます。
花弁の先端が窪まず、
丸い形です。
蕾もあってかわいいですね。

マイクロフォーサーズのオリンパスOM-D EM-1 MarkⅡ
でもここまでボケがきれいです。


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ミヤマザクラ
葉が展開してから花が咲くので、
ソメイヨシノのようにはゴージャスではありませんが、
楚々としていい感じです。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ミヤマザクラのは
ちょっと傷んでいます。

明日のボタハイ(2020.6.9)

明日の和泉多摩川ボタハイは予定通り行います。

●集合場所:小田急線和泉多摩川駅多摩川側改札前 ●集合時間:13時00分。

15+