エゾノタチツボスミレ 山の植物

スミレ科 スミレ属 エゾノタチツボスミレ

 今年は街なかのスミレ以外に、ほとんどスミレに出会いませんでした。(よく考えたら3月にけっこう見ていました・・・)6月に入りやっとまたスミレに出会うことができました。今度はエゾノタチツボスミレです。

 「蝦夷の」と名前がついていますが、北海道だけでなく本州の岡山県以北に分布するスミレです。茎が発達することが多いようです。花弁が細く、側弁の内側に毛があるのが特徴です。もうひとつの特徴が花の後ろに突き出る部分の、距と呼ばれる部分に浅い割れ目があること。

 2個体しか咲いていませんでしたが。スミレに出会うことができたのがうれしかったですね。

エゾノタチツボスミレ
Viola acuminata)
この写真の個体のように
白色に近い花ともう少し
濃青紫色の個体があります。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


19+