北横岳の高山植物は果実の季節

シラタマノキ コケモモ ガンコウラン

 長野県の北八ヶ岳にある北横岳に登りました。登山口である八ヶ岳ロープウェイを降りると、坪庭と呼ばれる広い溶岩地帯があります。ここは標高は低いものの、冬の季節風が強く、夏場は乾燥するために、背が低い高山植物しか生えることができない、偽高山帯になっています。

 高山では、もう秋が始まっています。多くの植物がきれいな果実をつけていました。高山植物は木本植物が多く、中でもツツジ科の植物は、美しい果実を持っているものが多くあります。植物写真モチーフとして向いています。また食べるとおいしいものもあります。

コケモモ
Vaccinium vitis-idaea.)
ツツジ科スノキ属
小さいけど木です食べると酸っぱいので、
ジャムなどにすることが多いようです 

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 IS PRO

シラタマノキ
Gaultheria pyroloides )
食べると甘くおいしいです
ただ食べるとサロンパスのような香りがします
ツツジ科シラタマノキ属

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 IS PRO

ガンコウラン
Empetrum nigrum var. japonicum
ツツジ科ガンコウラン属
黒い地味な果実です。
花はもっと地味ですが・・・



OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 IS PRO

20+