「ゴンドワナ大陸の野生植物」高橋修写真展

 「ゴンドワナ大陸の野生植物」髙橋修写真展まで、もうあとひと月で開催です。準備をゆっくりとですが進めています。色々することがあって大変です。自分でプリンターで一枚一枚プリントしようと思うので、新しく購入したのですが、このプリンター人気らしく、8月に注文したのに、まだプリンターが届きません・・・。どうなっているのだ!エプソンよ。

 来月の「ゴンドワナ大陸の野生植物」で展示する写真の現像と調整をしています。テーマのひとつは「輪」。写真のリースフラワーのように、輪になって咲く植物です。ゴンドワナ大陸が分裂した、陸地の植物にはなぜかリースのようになる植物も多いのです。ロゼットビオラもそうですね。

 ゴンドワナ大陸とは、南米、アフリカ、オセアニア、東南アジア、南アジア、アラビア、アフリカなどがくっついていた分裂前の超巨大古代大陸です。

写真展について詳しくは、「お知らせ」をクリックしてください。

個展の場所については、BEHIND THE GALLERY をクリックしてください。

期間:2020年11月6日(金)〜11月13日(金)
※期間中閉廊なし場所:東京都新宿区東五軒町4−17

時間:11:00〜18:00  ※但し最終日は16時閉館

リースフラワー(リース レシュノルテイア)
学名:Lechenaultia macranta(レケナウルティア・マクランタ)
クサトベラ科
西オーストラリアで撮影

ゴンドワナ大陸の野生植物
髙橋修写真展の絵葉書です

10+