ノササゲ 長沼丘陵の植物

マメ科 ノササゲ属 ノササゲ

 冬の雑木林には、あまり色がないのですが、そんな中でも、ノササゲの豆鞘の美しい紫色は格別です。自然の中にはなかなかない色ですが、ノササゲの豆鞘はとても小さく、見つけにくいものです。でも気を付けていれば、すっと目に入ってきます。いつもわくわくする気持ちを持っていれば。

 この時期のノササゲの豆鞘は、豆鞘がはじけてからだいぶたっています。この写真のノササゲの豆鞘のような半透明で、でも色が残っている、という状況です。これはほんの一瞬。もうすぐ色が抜けてしまうのです。

 自然との出会いはいつも一期一会。二度と同じものはありません。一瞬を大事にしたいと思っています。

ノササゲ
優しい色になりました
マメは鞘にかたくついています

Canon EOS R
マウントアダプター EF-EOS R
Canon FE100mm Lマクロ IS

長沼丘陵から
奥多摩方面を望む
また来るよ

Canon EOS R
Canon RF24-105mm F4-7.1 IS STM
+14